>

風俗店の種類と内容

短時間で稼ぐならデリバリー

ヘルス系は客の人数で収入が決まります。
追加サービスで単価を上げることもできますが、求めていない客もいますので、無理やり追加させるのはよくないでしょう。
いかに本数をこなすかが勝負になりますので、客入りの良い店で働くことが前提です。

デリバリーは移動型店舗ですので、店舗が無く客の元へ出向かなければなりません。
そのため、移動に時間がかかってしまいますが、客はわざわざ店舗に足を運ぶ必要がないので、店舗型より利用します。
風俗を始めたばかりなら新規の客を掴むために、デリバリーはとても有効です。
デリバリーは風俗が初めてなかたでも、1ヶ月で100万円以上稼ぐことも可能です。
店舗型でも稼ぐことはできますが、1日通して自分に客がつかないということもありますので、店選びが重要になってきます。

短期間で働くなら出張風俗

デリバリーの中に出張風俗というものがあります。
出張風俗とは、地方に泊まり込みで風俗の仕事をしに行くことです。
出張している間は帰れませんが、たくさん稼ぐことができます。
また、都心部と違いお金を使う場所が限られてきますので、散財してしまうことも防げます。

地方の方はここぞというばかりにお金を使ってくれますので、都心部より単価が良いです。
容姿の良い人は都心部に行ってしまうため、地方では普通の容姿でもチヤホヤされます。
稼ぎのハードルが下がりますので、自信のないかたには良い方法です。

収入は1週間で10万円以上稼ぐことができますので、短期集中型といえます。
クラブ系の出張もありますので、性サービスに抵抗があるかたでも働けます。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る